どんなことを勉強するのか

女性

ネイル専門学校は、ネイリストに必要な資格が取得できるとあって、多くの女性が通っています。お客様の爪を綺麗にして美しく飾るお仕事は、好きな人にとってはまさに天職です。ネイル専門学校では、そのための第一歩が踏み出せる場所です。しかし、その一方で「ネイル専門学校では具体的にどんな勉強をするのか」という点が気になっている人も多いのではないでしょうか。ネイルの資格と一口にいっても、その資格の種類や勉強する科目にはさまざまなものがあります。その点を事前に知っておきましょう。

まず、ネイル専門学校で学ぶことができる資格には、初心者や学生を対象としている資格、プロフェッショナルを対象としている資格とがあります。学科試験内容は、おおむねどの資格検定でも一致しているのが特徴です。学科試験の内容には、具体的には「ネイルや美容の施術を行うのに必要な衛生・消毒知識」、「皮膚や爪を中心とした、人体の構造と病気」、「ネイルのテクニックに関連する知識」などです。学科試験の合格ラインは、総合点80点以上となっています。

この学科試験のほか、もちろん実技試験も入ってきます。実技試験内容は、ネイルケアとカラーリング、ネイルチップなどの施術を実際に行うというものです。実技の合格点数ラインはそれぞれA級やSA級で80点以上、PA級やAA級、AAA級で60点以上、70点以上、60点以上という基準になっています。
これらの例は、ほんの一例です。資格の種類によっては学科試験が一部の級のみ行われているものもあったり、飛び級受験などが認められていないものもあったりします。